北海道 食と観光のWEBメディア

2022.07.22

From北海道新聞

わかさいも職人 道洋菓子コン「金」*南さん ひな人形イメージ/松沢さん 同社製チョコ活用

北海道新聞記事
北海道新聞記事

 【登別】「わかさいも本舗」(洞爺湖町)の菓子職人、南優香さん(25)と松沢真希さん(36)が、6月下旬に札幌で開かれた北海道洋菓子作品コンテスト大会(北海道洋菓子協会主催)で金賞を受賞した。南さんは国内最大の洋菓子コンテスト「ジャパン・ケーキショー」に出場する予定で、「全国でも入賞したい」と、決意を新たにしている。

マジパンで南さんが作ったデコレーションケーキ
マジパンで南さんが作ったデコレーションケーキ(わかさいも本舗提供)
松沢さんが製作したチョコレートケーキ
松沢さんが製作したチョコレートケーキ(わかさいも本舗提供)
金賞を受賞した松沢さん(左)と南さん
金賞を受賞した松沢さん(左)と南さん

 同コンテストは2年ぶりに開催。コンテストは8部門あり、南さんはアーモンド粉末と砂糖を練り合わせて作る「マジパン」を使った「マジパン仕上げデコレーション部門」で、松沢さんは、大型ケーキの出来栄えを競う「グラン・ガトー部門」で、それぞれ受賞した。

 菓子職人歴6年の南さんは、ひな人形をイメージした菓子を製作。約1カ月かけ、おひなさまや三人官女、細かな装飾を施した手まりなどを表現した。「地道な作業で作り上げるのがマジパンの楽しいところ。受賞できてうれしい」と喜ぶ。

 松沢さんは、同コンテストでの金賞は3回目。今回は、カカオ57%の同社オリジナルチョコレートを使用してケーキを作った。チョコやバナナ、生クリームなどを8層に重ね合わせ、飾り付けには球形や薄い板状のチョコをあしらった。松沢さんは「わかさいも独自のチョコレートを生かしたケーキになった」と手応えを語る。

 10月に東京で行われる全国コンテストに出場する南さんは、「もっと細部にこだわり、より良い作品で入賞したい」と意気込んでいる。(高木乃梨子)

(北海道新聞2022年7月8日掲載)

苫小牧「ファームソレイユ」の職人*柴山さん洋菓子最高賞*全道コン*「小人の靴屋」イメージ
北海道新聞記事
北海道新聞記事

トリップイート北海道

創刊80周年を迎える北海道新聞社が運営する、食と観光に特化したWEBメディアです。 北海道には、四季折々の美しい自然と多彩なアクティビティー、新鮮な食材、地域自慢の料理と酒があります。そんな魅力たっぷりな北海道の楽しくて、おいしくて、なるほど!な情報を、担い手たちの情熱と共に発信します。

お問合わせ

株式会社 北海道新聞社
〒060-8711 北海道札幌市中央区大通西3-6

食と観光

PAGETOP