北海道 食と観光のWEBメディア

2022.07.18

From北海道新聞

苫小牧「ファームソレイユ」の職人*柴山さん洋菓子最高賞*全道コン*「小人の靴屋」イメージ

北海道新聞記事
北海道新聞記事
北海道知事賞に輝いた柴山加奈子さん。作品はグリム童話「小人の靴屋」の世界観をイメージした

 苫小牧市の洋菓子店「ファームソレイユ」(拓勇西町3)の菓子職人、柴山加奈子さん(31)が、6月下旬に札幌市で開かれた北海道洋菓子作品コンテスト(北海道洋菓子協会主催)で、最高賞の北海道知事賞を受賞した。今回が7回目の出品で、知事賞は初めて。10月に東京で開かれる国内最高峰の「ジャパン・ケーキショー」にも出場予定で、「全国でも活躍したい」と決意を新たにしている。

 コンテストは7部門あり、114人が出場した。柴山さんはアーモンド粉末と砂糖を練り合わせて作る「マジパン」を使った「マジパン仕上げデコレーション部門」に出品。全部門を通じて最高賞となった。

 作品は、グリム童話「小人の靴屋」の世界観をイメージし、3人の小人がヒモなどを手に大きな靴を縫い上げる様子を表現した。

 休日や仕事終わりに製作を進め、約1カ月半かけて靴の縫い目や針山などの細部まで丁寧に作り上げた。完成したのは作品搬入日当日の24日午前だった。

 柴山さんは「ケーキショー」に5回出場した経験があり、「小人の靴屋」は2年前と同じテーマだ。この時は靴を二つ作ったため、他のパーツに時間をかける余裕がなく、結果的に入賞を逃した。その反省から、今回のコンテストでは靴を一つに設定した。柴山さんは「集中してとことん細かいところにこだわることができた」と振り返る。

 柴山さんは13年の同コンテストで金賞を受賞している。「いつかは知事賞をとりたいと思っていた。審査員の方に評価してもらい、うれしい」と喜んでいる。

 「ケーキショー」には今回と同じテーマで挑戦する。自己最高の銅賞を超える成績を目指し、来月から本格的な製作を始める。

 知事賞に輝いた作品は当面、同店で展示する予定。(竹田菜七)

(北海道新聞2022年7月13日掲載)

北海道新聞記事
北海道新聞記事

トリップイート北海道

創刊80周年を迎える北海道新聞社が運営する、食と観光に特化したWEBメディアです。 北海道には、四季折々の美しい自然と多彩なアクティビティー、新鮮な食材、地域自慢の料理と酒があります。そんな魅力たっぷりな北海道の楽しくて、おいしくて、なるほど!な情報を、担い手たちの情熱と共に発信します。

お問合わせ

株式会社 北海道新聞社
〒060-8711 北海道札幌市中央区大通西3-6

食と観光

PAGETOP