北海道 食と観光のWEBメディア

2022.07.06

From北海道新聞

ラスクを網走土産に*既存商品の包装リニューアル*まちづくり会社発案*流氷を強調 7月発売

北海道新聞記事
北海道新聞記事
パッケージをリニューアルした網走の「流氷ラスク」
パッケージをリニューアルした「流氷ラスク」

 【網走】海産物の豊富な網走で、手軽に買える一味違った土産品を増やそうと、まちづくり会社「まちなか網走」は、市内の菓子店が製造するラスクのパッケージをリニューアルした。デザインは地域おこし協力隊の浦雅人さんが交流サイト(SNS)で集めたアンケートを参考に決めた。7月からの販売に向け、浦さんは「消費者の意見を反映し、網走らしさが盛り込まれたお土産になった」と期待を込める。

 新パッケージで売り出すのは、市潮見の洋菓子店「ダニエル・ドゥ・ノウ」が製造販売する「流氷ラスク」。網走産の小麦粉を使ったバゲットに、流氷をイメージしたホワイトチョコレートをコーティングした菓子で、15年ほど前から店頭でのみ販売してきた。

 流氷の写真と店のキャラクターが描かれたパッケージを、より土産品らしいデザインにしようと、まちなか網走がデザイン改良を洋菓子店に提案。三つのデザイン案を用意し、3月にツイッターとフェイスブックでアンケートを行った。4日間で170件の回答があり、オホーツク海に浮かぶ大きな流氷をイメージした絵柄への賛意が過半数を占めた。「はっきりした色合いが良い」「流氷らしい柄がインパクトになる」などの意見を参考に、5月上旬にデザインが決まった。

 新デザインの商品は洋菓子店だけでなく、7月中には道の駅「流氷街道網走」や、オホーツク流氷館、まちなか交流プラザでも販売を始める。その後は女満別空港などにも販路を拡大する予定だ。価格は販売先によって変わり、5枚入り800円程度から8枚入り1200円程度。

 まちなか網走の田中雄一社長は「地元の店や既存の商品の魅力が伝わる土産品に育てたい」と話している。(池野上遥)

(北海道新聞2022年6月29日掲載)

北海道新聞記事
北海道新聞記事

トリップイート北海道

創刊80周年を迎える北海道新聞社が運営する、食と観光に特化したWEBメディアです。 北海道には、四季折々の美しい自然と多彩なアクティビティー、新鮮な食材、地域自慢の料理と酒があります。そんな魅力たっぷりな北海道の楽しくて、おいしくて、なるほど!な情報を、担い手たちの情熱と共に発信します。

お問合わせ

株式会社 北海道新聞社
〒060-8711 北海道札幌市中央区大通西3-6

食と観光

PAGETOP