北海道 食と観光のWEBメディア

2022.07.13

From北海道新聞

小樽の酒 屋外で楽しんで*2ホテル*夏の集客目玉にPR

北海道新聞記事
北海道新聞記事

 小樽市内の2ホテルが今月から、市内で醸造されたビールやワインを屋外で提供するサービスを始めた。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、風通しが良く開放的な雰囲気を楽しみながら、地元の酒のおいしさを広く知ってもらう狙い。夏場の集客の目玉として、各ホテルがPRにも力を入れている。

船上でクラフトビール OMO5小樽

OMO5小樽が企画した「小樽運河ビアクルージング」
「OMO5小樽」が企画した「小樽運河ビアクルージング」(星野リゾート提供)

 星野リゾートが運営するホテル「OMO(オモ)5小樽」(色内1)は8月末まで、地場産のクラフトビールを楽しむ宿泊者限定の「小樽運河ビアクルージング」(2~10人、1人1万5400円から)を開催している。

 船上で3種類のビールのほか、ニシンを使ったつまみなど、小樽にちなんだ料理を提供する。広報担当者は「有名な運河の倉庫に醸造所があるなど、小樽のビールは全国に知られた存在で、観光客を引きつけるコンテンツになる。日帰り客の多い小樽へ宿泊してもらうきっかけにしたい」と話す。秋には地場産ワインを出す同様のサービスも企画している。

テラスで地元産ワイン アンワインド

「アンワインド ホテル&バー小樽」が屋上に整備したオープンテラス
「アンワインド ホテル&バー小樽」が屋上に整備したオープンテラス

 「アンワインド ホテル&バー小樽」(色内1)は今年5月、4階建てのホテルの屋上に約150平方メートルのテラスを整備し、パラソルやソファを置いた。宿泊者以外も土日祝日にランチで利用でき、今月から北海道ワイン(小樽)の白ワインハーフボトルと料理のセット(1人2500円~)などのメニューを加えた。

 飲食部門担当でフランス出身のクロト・ティボさん(33)は「海も見える屋上で、ピクニック気分を味わってほしい。観光客や地元住民の憩いの場になれば」と利用を呼び掛けている。(鈴木孝典)

(北海道新聞2022年7月9日掲載)

<第56回おたる潮まつり>7月22~24日開催 実行委が正式決定*「ねりこみ」感染対策で距離短縮*神輿など取りやめ*最終日に3尺玉の大花火
北海道新聞記事
北海道新聞記事

トリップイート北海道

創刊80周年を迎える北海道新聞社が運営する、食と観光に特化したWEBメディアです。 北海道には、四季折々の美しい自然と多彩なアクティビティー、新鮮な食材、地域自慢の料理と酒があります。そんな魅力たっぷりな北海道の楽しくて、おいしくて、なるほど!な情報を、担い手たちの情熱と共に発信します。

お問合わせ

株式会社 北海道新聞社
〒060-8711 北海道札幌市中央区大通西3-6

食と観光

PAGETOP