北海道 食と観光のWEBメディア

2022.08.06

From北海道新聞

北見・留辺蘂町に遊びに来て*花公園「根々の丘」 魅力アップ*ポニー餌やり、パン作り…多彩に

北海道新聞記事
北海道新聞記事
へメロカリスなどの花々が鮮やかに咲く「根々の丘」
へメロカリスなどの花々が鮮やかに咲く「根々の丘」

 北見市留辺蘂町の花公園「根々の丘」と、おんねゆ温泉農業交流センター「花えーる」の指定管理を担って2年目となる地元の民間会社「FReeee(フリー)」は、施設の魅力アップに向け、さまざまな取り組みを進めている。園内でポニーを飼って来園者とふれ合えるようにし、植物の種類を増やした。調理加工施設を活用して「一升餅」ならぬ「一升パン」作りも始めた。

 北見市が2007年2月に花えーるを、翌08年4月に根々の丘を開設。広さは合わせて約4万6千平方メートルで、季節ごとの花が咲く。

 昨年度から一括で指定管理者となったフリーは今年、来園者を楽しませようと、ポニー1頭を購入し、公園の一角で飼育を始めた。体高は約80センチ。「まめ吉」と名付けた。週末には来園者が餌やりを体験でき、早くも人気者になっている。体験で与える餌は現在、切ったニンジンだが、担当の山崎愛美さん(26)がニンジンやオートミールを用いて馬用クッキーを試作中だ。

 花壇担当の恵美靖紀さん(43)は植物好き。園芸店勤務経験もあり、密植していた部分を整理し、育てたコキアやカスミソウを新たに植えた。現在は黄色のへメロカリスや宿根サルビアが咲き、「これからアジサイやフロックスが開花すると一層きれいになる」。

 また、恵美さんが花えーる内に飾ったリースを見た来園者から「教えてほしい」との声があり、秋にもフラワーアレンジメントの講習会を開こうと、園内の花をドライフラワーにする作業に取りかかった。

 さらに花えーる内の調理加工施設で今春から、1歳を迎える子どものお祝いに「一升パン」作りも始めた。地元の留辺蘂、温根湯、瑞穂地区の子どもには無料で贈り、地区外には2個3千円で販売している。

 フリーの岡田祐一社長は「発信方法をさらに工夫して、魅力を広く伝えていきたい」と意気込んでいる。(五十嵐文弥)

(北海道新聞2022年7月29日掲載)

〈旬の味 オホーツク〉7月 メロン*手間暇かけて甘さ追求
北海道新聞記事
北海道新聞記事

トリップイート北海道

創刊80周年を迎える北海道新聞社が運営する、食と観光に特化したWEBメディアです。 北海道には、四季折々の美しい自然と多彩なアクティビティー、新鮮な食材、地域自慢の料理と酒があります。そんな魅力たっぷりな北海道の楽しくて、おいしくて、なるほど!な情報を、担い手たちの情熱と共に発信します。

お問合わせ

株式会社 北海道新聞社
〒060-8711 北海道札幌市中央区大通西3-6

食と観光

PAGETOP